教育関係者の皆様のハックジャパン

教育現場の課題をNPOの力で解決しませんか?

学校は小学校から高校までの9年間。10代の学生が最も長く過ごす場所です。毎日のように会う先生、友達が当たり前になっている。そんな中で本物の社会を体験する時間。プログラミングの授業を導入する時間を増やしたい。など様々な思いは持っていても実現できないことが多くあることを私たちは知っています。「本当に生徒のためになる最高の授業を。」というコンセプトでもっと学校を面白くしませんか?

 ハックジャパンの教育現場でのアプローチ 

学校等でのプログラミングワークショップ

プログラミングワークショップを学校向けに開催することで普段の授業より更に学びたい生徒さんへの総合の学習の時間などに活用して頂けます。費用は講師の交通費などが掛かりますので場合によっては実費による負担をお願いすることがありますが、寄付によって本事業を行っておりますので、無償で提供させて頂ける場合もございます。
対象プログラミング言語は、Scratch、HTML&CSS、PHP、Rubyなどに取り組んで頂くことが可能です。ただし、地域によっては講師派遣の都合上の理由からご選択頂けるプログラミング言語が限定される場合がございます。
お問い合わせはこちら